メンタル強化!リズム運動でセロトニンを出そう

メンタル強化!リズム運動でセロトニンを出そう

「なんだか気分が晴れない。」「やる気が起こらない。。」

そう思うことはありませんか?

 

僕自身、朝起きて「起きたくない」「会社いきたくない」と

やる気が起こらないことが多かったです。

 

日々の生活や溢れる情報など、気づかないストレスが溜まっていき、

何も対応しないと気力が奪われていきます。

 

近年、脳の活動についての研究が進み、

脳の神経伝達物質が気分と関係していることがわかってきました。

 

神経伝達物質の中でも気分の安定に必要なセロトニン。

そのセロトニンを出すのに効果的なリズム運動について紹介します。

 

セロトニンとは何か?

 

セロトニンは、別名「幸せホルモン」とも呼ばれ、気分の安定には欠かせない物質です。

 

セロトニンの量が減ると、不安や落ち込みのようなネガティブな気持ちが強くなり、

イライラや怒りの感情も大きくなると言われています。

 

さらに、10代をピークに減少し機能も低下していくため、

意識的に分泌を促すような行動をしていないとストレスの影響を受けやすくなってしまいます。

 

セロトニンとリズム運動

 

セロトニンの出る量を増やすには、いくつか方法があり、

日光浴・食事・リズミカルな運動が基本的なものです。

参考:https://heisei-ikai.or.jp/column/serotonin/

 

リズミカルな運動(リズム運動)とは、一定のリズムで同じ動作を繰り返す運動のことで、

  • ウォーキング
  • 瞑想など意識を向けた呼吸
  • 噛むこと

 が挙げられます。

 

運動を始めてから5分ほどでセロトニンが出て濃度が上がり、

20〜30分でピークに達します。

 

やり過ぎて疲れてしまうと逆に減ってしまうため、

毎日5〜30分、出来ることを続けるのが大切

 

おすすめはガムを噛むこと。

 

3つのリズム運動「ウォーキング、瞑想、噛むこと」の中で、

一番簡単で続けられるのは噛むことです。

 

僕自身の話になりますが、

うつ病の治療中に、リズム運動でセロトニンが出る!と知り、

朝、日光浴兼ねてウォーキングだーと気合いいれましたが、

 

続きませんでした。。笑

 

 

いきなり、そんなに頑張れない状態だったのもあります。

 

瞑想(座禅)にもチャレンジしましたが、なかなかうまくいかず、

一番簡単で続けられたのはガムを噛むことでした。

 

朝ごはん食べて、「はぁー..」と一息ついて、ガムを10分ほど噛む。

これを習慣にしていました。(今は、体を動かす習慣に変えてます)

 

噛むと気晴らしになるし、思いっきりポジティブ!という感じにはなりませんが、

マイナスからゼロ、もしくは程よくプラスになるという感じです。

 

ただ、普通のガムだと5分以上経つ頃には味が…なくなります。笑

そこで色々探した結果、歯科専用のキシリトールガムにたどり着きました。

 

ほどよい味・甘さなので、長く噛んでいられ、

歯に良いキシリトールで心だけでなく歯にも良い習慣になります。

 

歯科専用のキシリトールガムを10分噛む

 

のが、僕のおすすめです。

 

簡単に気軽に自分によいことから始めよう

 

ストレスに強くなる、メンタルを強化するというと

「ポジティブシンキング!」「物事を前向きに考える」と考え方に目が行きがちです。

 

近年の研究で「気分やメンタルはセロトニンなど脳の神経伝達物質が関係している」とわかってきました。

 

ストレスに負けないためにセロトニンを増やす。そのためのリズム運動。

ガムを噛むことで今から簡単に始められます。

 

簡単にできるなら簡単に。

 

簡単に気軽に自分によいことを始めてみましょう :)